スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィッグ考察

ウィッグ使用感想・自分メモ
(最近使ったやつ)


■ゼファー(非耐熱)
w1.jpg
ロング一つで久々知のウィッグ出来る。量多い。
コンシェは土台の形が合わなくてポニテはきつい(仙蔵・小平太)
クラッセはロングでも短い毛が多くて結うとぴんぴん出てくる。イライラする。
(三木衛門、文次郎)
アイロンでちりちりさせてボリューム出すならゼファー。

■コンシェルジュ
w3.jpg
安いし色多いので最近よく使う。
初期はあまりにもゴリがひどくて捨てた事もあるけど今はマシ(でもやっぱり浮く)
毛量多いから加工は向いてるけど癖はつけづらい。気がする。
ショート系はスキ毛多いから段ごと減らさないと頭が巨大になる。

■エアリー
w4.jpg
ウルフベース+毛束(生え際)
マットな質感が好き、お金に余裕が有ったらエアリーがいい。
ウルフベースセカンドの毛量は尋常じゃない、段ごと減らさないと大参事(初出し三成)
癖も割とつけやすい。BASARAは全部エアリー使った。

■富士達
w2.jpg
あまりにも安い。
色数もそこそこある、白でも後ろ透けてないので量も問題ないと思われ。
ただナチュラルな髪型なら問題ないけどがっつり加工には向かない。と思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アイ

Author:アイ
Cure=73972
WorldCosplay=53162

twitter
カテゴリ
new
応援中
検索
ブクマ(敬称略)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。